いつも同じような片付け本を買っていませんか?

こんちゃ!

いつも同じような料理本を買っていたライフオーガナイザー®オオノミエコです。

自分が好きな系統のものって変わらないし、悩みがある時って視野が狭くなってるから解決法って1つしかないような気になっちゃうんですよねー。

ちなみに私がどういう料理本を買っていたかというと「冷凍保存」「つくりおき」「アレンジレシピ」ばっかりw

料理のやる気がしょっちゅう家出する。
なるべく料理熱がある時にやれることはやっておいて、やる気がない時に備えておきたい。

そんな思いが料理本選びに出まくりw

図書館で借りるのも同じ系統の本ばかりでした。

で、

どうなったかというと……

知識はたっぷり。でも、やらない。

いや、全然やらないわけじゃないんですよ。

読んだ時くらいはやるんですよ。(読んだ時くらいしかやらないともいうw)

片付け本を買うけれど、全然やってないそこのあなた!

私の気持ち、わかってくれます?

ウンウン(゚▽゚*(。_。*)わかるよー

で。ある日、私は気付いたわけです。

私が悪いわけじゃない。料理本が悪いわけじゃない。

相性が悪いだけだ!!!

と。

どういうことか片付け本で説明しますね。

片付け本にはいくつか種類があります。

  • ライフスタイル
  • モノ選び
  • モノの捨て方
  • 収納事例
  • インテリア
  • 片付けの教科書
  • 自治体のゴミ捨てマニュアル

ゴミだらけで足の踏み場もない部屋に住んでいる人が読むべき片付け本はなんでしょう。

自治体のゴミ捨てマニュアルですよね。

でも、実際の現場はどうかというと、
「思い切ってミニマリストになれたら楽になるのにな。モノへの執着を全部捨てたい」
なんつってライフスタイル本を買いまくるわけですよ。

ちと脚色してますが。

理想へのモチベーションを補充したって遠すぎる理想は苦しいだけ。
劣等感をなぐさめてくれる非日常に浸ってたって何も変わらない。

効果的に問題を解決するためには、地味で小さな事から着実に。

片付けの初歩の初歩は、ゴミ捨て。

明らかに不要なゴミ。迷うことなくゴミ。これを捨てる事。

ゴミは絶えず出てきます。

これを置くスペースをあらかじめ用意しておく事がとっても大事です。

いつも似たような片付け本を買っているみなさん。

書店でもamazonでも並ばないけど、あなたの片付けにとっても役に立つ自治体のゴミ捨てマニュアル。一読をおすすめします。

んで。

私の料理に関していうと……。

旦那実家からもらっているご飯の味がいまいちだったので、炊飯器のマニュアルを読み直しました。

すると、ずっと米の品種と炊飯モードが合ってなかった事が発覚!

美味しくなりました。(;´Д`)マヌケスギル……

冷凍保存に関しても、よくよく思い返すと冷凍すると食材の味が変わって嫌なんですよね。味が変わらないものだけ引き続き冷凍し、それ以外はカットして冷蔵保存しようかと思ったら、それすらも味が落ちる食材が出てきて……。

めんどくさいから惣菜とか市販のタレとかに頼りまくったけど、最近はそれにも飽きてきて……そんなこんなでいまだに試行錯誤中です。

つーか、料理してるだけで飽きるんだよなー。味見でもう満足。匂いかいでるだけで食べた気になるとか。

また料理と向き合ってみようかな。

やっぱ片付けも料理も生活だから、逃げられないね。あぁ、逃げたい。ドラえもんの道具でふりかけると何でも美味しくなるのあったよね。あれが欲しい。技術よ、進め!

進め!

〆のご挨拶

オオノミエコでした。

 

ランキング参加中♪
にほんブログ村 その他生活ブログ ライフオーガナイザーへ にほんブログ村 メンタルヘルスブログへ

フォローする

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)