「理想の部屋」に住み続けられる?

ダサすぎて服を買いに行く服がない。

伸ばしっぱなしで美容院に行く前に髪をなんとかしたい。

体の調子が悪いのだけれど、何科に行けばいいのか診てもらいたい。

気分が落ち込んで相談したいのだけれど、何相談なのか相談したい。

片付けの先生に来てもらえるレベルの部屋に片付けたい。

あるあるですよね!

こういう話をすると、必ずといっていいほど「気にせず飛び込め!」とアドバイスされます。

プロ側は気にしないからです。

でも。

こっちとしては気にしますよね。

場違い感は嫌なものですし、相手を失望させたくないという気持ちは誰しも持っていますから。

私自身、汚部屋時代はプロとはいえ他人様に見られるなんて恥ずかしい。耐えられない。

そう思っていました。

笑われる。バカにされる。怒られる。説教される。

って、ビビってました(笑)

オサレインテリア・ミニマリスト・日々の暮らしを丁寧ニスト的な片付けアドバイザーたちに「ついていけない」「無理」「しんどそう」「はいはい、ステキステキ」とも思ってました。(今はついていこうとすら思ってないw)

美容院で、聞いてもいないのにお手入れテクニックを語られると「うるせえ」って思うあの感じ。

求めるレベルが同じって、すごく大事。

それに、いきなり飛び込む以外にも、そろりと少しずつ進んでいくっていうやり方もある。

最近サイトのサブタイトルに「掃除しやすく片付けやすい部屋にして、もっと自分を好きになる」と書き加えました。

私が「掃除しやすく片付けやすい部屋」づくりにしか興味がないからです。

「もっと自分を好きになる」はちょっと迷ったんだけど、書き加えました。

自分を好きになるということは、自分のダメさを肯定するってことだから。

ダメな自分のまんまで、部屋を片付けて、片付いた後の部屋をキープする。

部屋をキープするってことは、掃除するってこと。だから「掃除しやすく」する必要がある。

「掃除しやすく」するためには、その前の「片付け」が大事。

モノが散乱した部屋の掃除は大変。

だから、「片付けやすく」しておいて、モノが散らからないようにしておく。

楽に掃除ができると、家を好きになれる。

一瞬だけステキ。一日だけオシャレ。

そんな部屋、メイクさんにがっつりメイクしてもらって、めちゃめちゃ高価な補正下着つけて、スタイリストさんにとびっきりの服を選んでもらって、カメラマンに奇跡の一枚を撮ってもらって、フォトショで修正してもらった写真のようなもの。

日常じゃない。

「掃除しやすく片付けやすい部屋」は、普段着レベルの部屋。

「理想の部屋」のその前に。

まずは「掃除しやすく・片付けやすく」を目指しませんか?

今年中に片付けたい人向けのお得なサービスパックを、9/6(水)22:00に募集開始します。

お楽しみに~。

あ。

お茶会のご参加もお待ちしております♪

〆のご挨拶

オオノミエコでした。


■お知らせ■

・01/17(水) 10:30~12:30 お茶会@大宮

ランキング参加中♪

にほんブログ村 その他生活ブログ ライフオーガナイザーへ にほんブログ村 メンタルヘルスブログへ

↑ クリックよろ!↑

フォローする

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)