苦痛系お片付け、報酬系お片付け

昨日書いたわかりやすくて短くておもしろいブログを書きたいに出てきた、話が長くてくどくてつまらない人の共通点、もう一つ発見しました。

利き脳が、右左タイプ。

私と同じ、右左タイプ\(^o^)/

同類嫌悪かー。なるほど、なるほど。

さて昨日、こんなツイートしたんだけれど↓

ヤフーニュースのリンクってすぐ消えちゃうのね。知らんかった。

というわけで、元記事のリンク↓

やりたいことをやっていたり、何かを楽しんでいるときはドーパミンが分泌され、快楽をおぼえる脳の「報酬系」が動き、免疫機能が活性化される。

 一方、嫌なことを無理やりやっていたり、矛盾した思いや未消化の感情を貯めていたりすると視床下部・脳下垂体・副腎の反応系列「HPA系」がストレス物質を放出、免疫機能にダメージを与える。これを梯谷氏は独自に「苦痛系」と呼ぶ。

「面倒だけど不潔に見られたら嫌だから磨く」は苦痛系、「歯を綺麗にして気持ちよくなりたいから磨く」は報酬系が動く。

嫌々やる片付け、仕方がなくやる片付けは体に悪い。
進んでやる片付け、納得してやる片付けは体に良い。

ってことですかねー。

なるほど、なるほど。

どんなに「片付けるぞ!」と決心しても、心の奥に隠れてる本音が「なんで私がやらなきゃいけないの?」だとしたら、苦痛系お片付けになってしまいますものね。

私も、嫌々やる片付けは続きませんでしたが、自分で納得してやる片付けは楽しくて夢中になりすぎて、ぶっ倒れるほどやっちゃってました( ̄m ̄*)

自分の合意を得るってめちゃめちゃ大事。

苦痛系の最たるものは、やらされる片付け。 

家族だけでなく、ご自分にも強いることない報酬系お片付けをしてみませんか?

ランキング参加中♪

にほんブログ村 その他生活ブログ ライフオーガナイザーへ にほんブログ村 メンタルヘルスブログへ

 

〆のご挨拶

オオノミエコでした。


フォローする

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)