前者後者とお片付け:「私は」vs「まわりは」

前者だろうと後者だろうと「片付けられない」で悩みます。

(前者後者とは→心屋さんの前者後者論

(読んでちょ→むかえさんの【保存版】前者後者って?(基本編)


前者後者で「あ、違うな~」と思った点がタイトルの件。

  • 前者:「私は」
  • 後者:「まわりは」

が、苦手!

だって前者or後者だから……。

  • 「まわりは」がいつも見えている前者さん
  • 「私は」がいつも抜けない後者さん

後者ライフオーガナイザーは言います。

「家族がどう思うかじゃなく、あなた自身がどう思うかが大事なのよ」と。

前者さんはこの考え方に困るみたいですねw

前者の苦手ワード:「私は」

前者さんと話していると驚くのが、

舅・姑・夫・自分・長男・長女・夫の妹の7人家族の専業主婦だったとしても、

一般家庭モデル『父・母・子の3人家族』の兼業主婦の時短術!!を真似しようとする所。

え?なんで?ぜんぜん違くね???

ていうか、なんで他人の猿真似すんの???

あなたは魅力的なんだよ?そこいらの他人の真似なんかする必要まったくないんだよ!

と、前者後者論を知るまでは誰かれ構わず言っておりました。

自分と同じように所属する集団も大事なのが前者さんなのにw

後者がやりがちなミスですね。

「私は」にこだわらないのは自己肯定感が低いからではなく、必要がないから。

後者が「私は」にこだわるのは、必要があるからなんですよねー。

だって「まわりは」よく見えないんだもの。

後者の苦手ワード:「まわりは」

正確にいうと、見えるんですけどしょっちゅう消えるんです。

「まわりは」どんな状況か。

自分の感覚・感情・思考にどっぷりハマると「まわりは」消えます。

時間・空間・人間が消えて、自分だけが残る。

ふとしたことで消えてしまう「まわりは」は拠り所にでません。というわけで、自然と「私は」どうかってのが拠り所になる。

最後まで行き着くと自分さえも消えるんですが、日常生活でそこまでいくことはなかなかありませんしね。

前者の片付けは「剪定」

bc60c226108db53730688ebcf34b8dda_s

伸びすぎた枝を切るように、使っていないモノを手放す。

余分なモノを減らしていく。

前者さんの「片付けられない」はトゥーマッチなんですよねー。

モノを持ち過ぎ、手を広げ過ぎ、受け入れ過ぎ、我慢し過ぎなどなど。

幹(自分)がやせ細るほど、あれもこれもとがんばる。

勇気を持って手放しましょう。

部屋が片付いているという状況は枝です。

どんなに美しくても、あなた自身がスカスカではいつか枯れてしまいます。

「私に栄養を与えることでまわりが元気になる」です。

「ママの笑顔が家族の幸せ」っていうあれです。

前者さん。

「私は」どうなの?

後者の片付けは「生ける」

後者はねぇ……。

人それぞれ、出てくる現象が異なるんで、なかなか言い切るのが難しいんですが。

後者の「片付けられない」にほぼほぼ共通するのは、時間・空間・人間という枠組みの希薄さです。

103209

花を花器に生けるように、大切なものを時間・空間・人間の枠組みの中に配置する。

後者が所有するモノに余分なモノなど何一つないんですよ。

何かしらが自分と結びついたから所有しているんですもの。

けれど、すべてを同時に同じ場所で同列に扱うことはできません。

10分で夕飯を作れるようなキッチン収納にする時は、オシャレさが二の次にくるということを意識するってことです。

  1. 序列を付ける
  2. 整合性をとる
  3. 変える時は前提条件からまるっと変える

ってのが後者さんの片付けには大事です。

「この器にはこの花々を。あぶれた花には別の器を」です。

また、その時々の気分でルールを変えていたらいつまでも未完成。

どんなに片付けようという気持ちがあっても、形にしなければないのと同じです。

「とりあえず完成させて、細かいところは後で修正しよう」

形にしなければ「まわりは」見えません。

あなたにしか見えないのです。

「私は」序列もなく、整合性もない、矛盾だらけの存在です。

そのまんまを形にすることは、決してできないのです。

頭の中は白と黒が同時にそのまんま存在する世界だけど、現実はグレーになるか白と黒のモザイクになるかだからね~。

後者さん。

「まわりは」どうなの?

とはいえ

身を削り尽くし育てる姿に

ぶっ飛んだ世界で創造する姿に

憧れるんで、

みんな好き勝手、生きよう!

片付けたいなら片付けよう。

片付けたくないならほっとけ!

ランキング参加中♪

にほんブログ村 その他生活ブログ ライフオーガナイザーへ にほんブログ村 メンタルヘルスブログへ

 

〆のご挨拶

オオノミエコでした。


フォローする

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)