ガラクタは敵

今も時々、30代後半になるまで「捨てられない・片付けられない」女だったのに、なぜできるようになったんだろう?と振り返ることがあります。

「片付けなくちゃ……」が「片付けたい!!」に変わったのはカレン本を読んだから。

でも、なんでカレン本のどこで片付け熱に火がついたんだろう?って、ずっと疑問だったんですよねぇ。

その疑問がこの記事タイトルを見て解けました。↓

ADHDは「狩猟型」だから将来の報酬と目の前の仕事が結びつかない。つまり農耕型のワークスタイルは無理

そうだ!!

カレン本には繰り返し書かれていた。

ガラクタが悪いのだ、と。

それまでの私は、捨てられない・片付けられない自分が悪いと思っていた。

そうじゃない、ガラクタが悪いのだという考えに、私は初めて出合った。

ちなみに、カレンのいうガラクタとは

  • あなたが使わないもの、好きではないもの
  • 整理されていない、乱雑なもの
  • 狭いスペースに無理に押しこまれた物
  • 未完成のもの、全て

家の中で半端にしておいたものは、人生の中で半端にしていたものであり、それによってあなたはどんどんエネルギーを吸い取られていきます。

悪いのはわたしじゃない。

ガラクタが悪いのだ。

当時は気付いていませんでしたが、

ガラクタは敵だ!

そう思ったのでしょうね。

みなさんはいかがでしょうか?

将来のために今がんばる、というのが苦手ですか?

もし苦手なら、「敵」を見つけてやっつけましょう!

ガラクタは敵だ!!倒せー!やっつけろー!!!

amazon-1513644-640x480

ランキング参加中♪

にほんブログ村 その他生活ブログ ライフオーガナイザーへ にほんブログ村 メンタルヘルスブログへ

 

〆のご挨拶

オオノミエコでした。


■お知らせ■

■03/15(木) 10:30~12:30 お茶会@大宮

フォローする

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)