掃除と片付けは別にしましょう

片付けられなかった時の私は、片付けと掃除の区別がついてませんでした。

片付けを始めてからやっと、片付けと掃除は違うって知りました。

それまでざっくりと片付けと呼んでいた行為は、

  1. 部屋の使い方を決める
  2. モノを配置する
  3. モノを収納する
  4. 使ったモノを元の場所に戻す
  5. 掃除する
  6. 不要なモノを家の外に出す
  7. 必要なモノを家の中に入れる

などと細かく分けられるんです。

ちなみに、この中でADHD・ADHDタイプが一番苦手なのは1番。(私調べ)

定型発達erで「片付けられない」という方は、片付けスキルとは別の所にひっかかりがあるようですが、よくわかりません。

どちらにしても、片付け方を知らなければ「片付けられない」のは同じです。

片付いてない部屋の掃除は苦行である

片付いた~♪

床の上には家具以外ない!

ちょっとだけ壁沿いに箱が並んでるけど、何もどかさずに掃除機をかけられる!

このような状態に片付くまで、掃除は極力しなくていいです。

必要に迫られたらやればいいです。

私はそう思っていますし、そうやってきました。

というのも、

片付け終わってない部屋の掃除は、苦行以外の何物でもないのです。

片付け終わったら5分で終わる掃除が、片付け途中で行うと30分たっても終わらない。

なんてことがあるんです。

片付けも掃除もどっちも嫌になって当然です。

まずは片付けましょう。

やだやだ!掃除したい!という方は、

部屋がどんな状態になったら掃除しやすいか、少し考えてください。

でもさ。

掃除って、一生やることだから。

部屋の片付けが終わってからでもいいんじゃない?

ダメ!?

ごめんちゃーい(≧▽≦)

wash-1357164-639x426

〆のご挨拶

オオノミエコでした。

 

ランキング参加中♪
にほんブログ村 その他生活ブログ ライフオーガナイザーへ にほんブログ村 メンタルヘルスブログへ

フォローする

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)