できないと恥ずかしい?

突然ですが、みなさんはスタバで迷わず注文できますか?

できる。
できない。

SUBWAYはどうですか?迷わず注文できますか?

できる。
できない。

私は両方できません。

それでは、ドトールはどうですか?迷わず注文できますか?

できる。
できない。

こちらはバッチリ。「アイスラテ、ミルク多めで」って言えます。

美容院はいかがでしょうか。

美容師さんに髪型を注文する。迷わずできますか?

できる。
できない。

汚部屋時代の私は、できませんでした。

片付けのプロになった今は、へっちゃらでオーダーできるようになりました。

変われば変わるもんです(笑)

できないと恥ずかしい?

「できない事は恥ずかしい」

ずっと私はそう思ってました。

そのくせ「できる事は素晴らしい」とは思っておらず、

「できて当たり前」

そう思ってました。

「できない事は恥ずかしい」「できて当たり前」

なんて滑稽な考え方なんでしょう!

shame-2-1217335-640x480

そりゃ、やる気も自信もこっぱみじんこになりますよねー。

でも、当時は本気で「できない事は恥ずかしい」「できて当たり前」だから、がんばらなくっちゃ。

って、自分を奮い立たせようとしてたんです。

いじらしい私(TдT)

片付けられないことは恥ずかしい?できて当たり前?

そんなことはありません。

片付けができて当たり前なら、雑誌は片付け・収納特集なんて組みません。

片付け本も出ません。

片付けのプロなんて職業、存在しません。

手を変え品を変え、いろんな片付け術が生まれたりなんかしません。

みんな、最初は片付けられないんです。

片付けられないことが当たり前なんです。

なぜできないの?

答えはたった1つです。

答えは――

気になる答えは――

今夜発行するメルマガで!

って、

メルマガなかった(*ノω・*)テヘ

あんま引っ張っると書く気が失せるんでサラッと答えましょう。

なぜあなたはできないのか。

なぜあなたは片付けられないのか。

答えは、

経験不足

冒頭の質問に例としてあげた、スタバ・SUBWAY・ドトール・美容院。

スムーズに注文できるかできないかの違いは、行った回数の違いです。

注文という経験を増やせば、できるようになります。

片付けも、経験を増やせばできるようになります。

ただそれだけの違いです。

え?

何度経験してもできないよ!

うそうそ。

ばっか、何言っちゃってんの? やってるって! 何度もやってるって!

でも、できないの!

うん、そうだね。

私もそうだった。何度片付けてもできなかった。

美容院にも何度も行ったけど、いっつも迷ってたし、注文するのに緊張してた。

それでも。

それでも私は「経験不足だから」と答えます。

さて、どんな経験が不足しているのでしょうか。

ちょっと考えてみてくださいね~。

ヒントは、スタバ・SUBWAY・ドトール、そして美容院。

今日は、ここまで!

〆のご挨拶

オオノミエコでした。

 

ランキング参加中♪
にほんブログ村 その他生活ブログ ライフオーガナイザーへ にほんブログ村 メンタルヘルスブログへ

フォローする

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)