あなたの片付けが始まらない理由と続かない理由

2017年も残りわずかですね。

寒い日が続きます。健康第一!で参りましょう。

こんにちは。ライフオーガナイザー®オオノミエコです。

最近は「行動経済学」の本ばかり読んでいます。

将来得られるもののために、目先の欲求をこらえるには?

という謎を紐解きたいんですよね~。

「片付けられない」という悩みにとらわれると、自分だけができない、みんなは簡単にやってのけると思いがちです。 

実際は、片付けブームが定期的に起きるほど多くの人が「片付けられない」「片付けが苦手」と感じています。

ということは、多くの人が片付けたいと思いながらも始めなかったり、続かなくて挫折しているんですね。

もちろん私もその1人でした。

片付けてもすぐにリバウンド。気付いたら足の踏み場もないほどの汚部屋。

続けられない事に嫌気が差して「片付けられない女」とレッテルを貼ってあきらめる。

長年「片付けられない」でいた理由。

沢山の人が同じ罠にはまっています。

あなたの片付けが始まらない理由と続かない理由

「片付いた部屋」は何もせずには手に入りません。

「片付ける」というコストがかかります。

この片付けるコストを意識せず、「片付いた部屋」という得られるメリットばかりに目が向いていると、コストとメリットのバランスが崩れます。

断腸の思いで大好きな本を売ってまで片付けた部屋が、翌日にはもう散らかった。

割に合いません。

毎日毎晩、眠い目をこすりながら片付ける。けれど、翌朝にはもう家族が散らかしている。

やってられません。

「片付ける」コストが多い割に「片付いた部屋」のメリットが少ない。そんな経験を繰り返すと、片付け始めるのがしんどくなりますし、続けるのも馬鹿らしくなってきます。

汚部屋脱出できた理由

今思えば、汚部屋時代は片付けた見返りが小さかったんだと思います。

片付けた30分後にはすでに本が床の上に出始めましたし……。

汚部屋お片付けをやっていた頃は、無理せず片付けた。
結果、片付けの手間暇時間の割に見返りが大きくなったんですね。

短期間で一気に片付けるより、長期間コツコツ片付けるほうが、片付けスキルは上がります。

今日できないことが明日できる事もある。
そんな経験を繰り返して、片付け自体が日に日に楽しくなりました。

片付けのコストを減らす

減らすべきコストは次の3つ。

  1. 心理的コスト
  2. 肉体的コスト
  3. 時間的コスト

部屋を片付けたいけど___するのは嫌だな。→空欄に入る事をやめる。

ゴミを出したいけど重くて運ぶのしんどいな。→業者さんに取りに来てもらう。

片付け終わるまでがんばるぞ!→平日は5分、休日は15分だけ片付ける。

今年の片付けもう終わり!

今日は12/27です。

大掃除がてら片付けようかなと思っている方も多いでしょう。

でも、年末年始はやること・やりたいことがたっくさんあるはずです。

今年の片付けはもう終わり!

また来年やりましょう。

〆のご挨拶

オオノミエコでした。

 

ランキング参加中♪
にほんブログ村 その他生活ブログ ライフオーガナイザーへ にほんブログ村 メンタルヘルスブログへ

フォローする

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)