片付けるために自分を変えなくていいんですよ

お片付けの仕事をしていると、意識高い上に行動力も高いがゆえに無理して自分を変えている人とたくさん出会います。意識高いけど行動力が低くすぐにヘタれる私としては、

そんなことしなくても、片付くのになぁ。

と思うわけです。

むしろ、自分を変えようとする行為が邪魔になります。

「こうするべきなんでしょ」「できないなんておかしい」「みんなやってるんだから」と、できないことや苦手なことにしがみつくヒマがあったら、開き直ってできることだけやりましょう。

捨てられない……

お片付けの悩みで「捨てられない」はよく聞く言葉です。

部屋を片付けるためにはモノを捨てて減らさなければならないという教えのせいですね。

捨てたくないなら捨てなくていいんですよ。

散らばっているモノたちを「同じグループ」毎にまとめるだけでも、どこに何があるかを把握しやすくなります。

次にお買い物をする時にも、何がどのくらいあるかわかっていると気持ちよく買えます。

我が家では新商品のドレッシングには高確率で飛びつきます。
(ちぎって盛り付けるだけのサラダ率が高いからw)

「ドレッシング」グループとして1つにまとめ、冷蔵庫の真ん中に収納しています。
これは、私だけでなく旦那にも在庫を把握しておいてもらうためです。

マヨネーズ+3種類のドレッシングが我が家のMAX。

これが冷蔵庫のあちこちに散らばっていたらどうなるでしょう……。

次から次へと目についたドレッシングを購入し、何がどこにあるかわからないから旦那も止めず……。あっという間に冷蔵庫は真っ暗に!

「捨てられない」「捨てたくない」人ほど、散らばっているモノたちを「同じグループ」毎にまとめましょう。

元に戻せない……

「使ったモノを元の場所に戻せない」ってのは、片付けについての知識がある方からよく聞くお言葉。

使ったモノをその場にポィ(o’д’)ノ ⌒ ○しちゃっていいんですよ。

ポィ(o’д’)ノ ⌒ ○←ここを収納場所にすればいいだけ。

使う場所と収納場所が離れれば離れるほど、元に戻すのは大変になります。

ポィ(o’д’)ノ ⌒ ○としちゃう。その場所こそ収納場所です。

とはいえ。

次から次へとポイッとモノを置いてしまってモノが積み重なってしまう場所というのもあります。

ダイニングテーブル。リビングのソファー。このあたりは皆さんポイポイ置きがちですよね。

じゃあ、どうするか。

テーブル周辺、ソファー周辺に収納場所を設けましょう。

一歩も動かずにしまえるのがベストです。

楽だから、最短距離で行えるから、テーブルやソファーにモノを置くのです。変えようとしても変わらない行動習慣には意味が必ずあります。

自分や家族を変えるのではなく、部屋やモノの方を変えましょう。

片付けが難しくなるのは

片付けが難しくなってしまうのは、抵抗を感じるようなことを無理やりやろうとするからではないでしょうか。

捨てたくない気持ちがあるのに、他の人と比べて「多すぎるから捨てなくちゃ」

とびっきりのお気に入りなのに「年齢的にどうなんだろうか……」と人目を気にして買えずにいたり。

自分を否定しながら片付けたってなーんも返ってこないですよ。犠牲を払えば払うほどむなしくなるだけです。

つらい思いをしても、部屋が荒れる時は荒れるんです。

必死の思いをしてまで片付けたのに散らかるなんて……。つらいですよ。

そんな失敗体験を重ねるなんて百害あって一利なし。

今の自分ですぐにできること。それだけをやりましょう。

あ、自分が思ってたことそのまんまで良かったのか!私でよかったのか!

無理して我慢して犠牲を払わなくても片付ける方法っていろいろあるんだな~。

一人で考え込むと視野が狭くなって、ついつい「○○しなくては」と自分を追い込んでしまいますね。

そうやってがんばるように教わってきたんで、まぁ、しょうがないですw

一人でがんばる事に疲れたら、ご相談ください。

お待ちしております。

あ。

4月から新生活が始まるんで片付けたい!という方。
申し訳ありませんが、5月か6月にあらためてご依頼ください。
生活の流れができてこないと、片付けシステムも作れませんので。

〆のご挨拶

オオノミエコでした。

 

ランキング参加中♪
にほんブログ村 その他生活ブログ ライフオーガナイザーへ にほんブログ村 メンタルヘルスブログへ

フォローする

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)