部屋をキレイにすることを目的にしてはいけない

先日行った「前者後者 to お片付け」でもお話しましたが、

片付けたり、掃除したりして、

部屋をキレイにすることを目的にしてはいけません。

(後者さんは特に!)

片付けた時点でゴール!

掃除が終わった時点でゴール!

ではないのです。

ついつい忘れがちですが、

片付けも掃除も、単なる手段。

目的はキレイにした部屋で自分や家族が暮らすこと

部屋をキレイにすることだけが目的になると、

  • まとめて一気に片付けたほうが効率的
  • ガッツリ汚れを落とすほうが掃除したーって気分になる
  • いつでもキレイにできるから

などなど。

散らかっていても、汚れていても、

なんだかもっともらしい理由が思いついて先延ばしにしがちです。

キレイにした部屋で自分や家族が暮らすことが目的だとしっかり意識すると、

  • ゴミ1つ捨てた→キレイに近付いた!
  • 鏡1枚拭いた→キレイな場所が増えた!

1つ1つの行動すべてが意味のあるものになります。

思い描く理想が遠いなぁ~と感じる人ほど、

○○な部屋で暮らすことが目的だとしっかり意識しましょう。

この考え方は、ダイエットなんかにも応用できますね(〃’▽’〃)

意識するポイントを変えて。

レッツオーガナイズ!

ランキング参加中♪

にほんブログ村 その他生活ブログ ライフオーガナイザーへ にほんブログ村 メンタルヘルスブログへ

 

〆のご挨拶

オオノミエコでした。


フォローする

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)