前者後者とお片付け:「やりきらない」vs「始めない」

ども。

しょっちゅう外界との接続が切れる後者のライフオーガナイザー®オオノミエコです。

(前者後者とは→心屋さんの前者後者論

(読んでちょ→むかえさんの【保存版】前者後者って?(基本編)

モニターさんのご協力で、今後のサービスの方向性が見えてきました!

やはり前者後者で、片付けの得意な部分・不得意な部分が顕著に現れるな~と再認識しております。

引き続きモニターさんにご協力をお願いしたいなぁと思っちょります。

改めて価格や条件等をお知らせして募集しますねー。

前者さんの場合。

安心できなきゃ動かない。

現在の状況を把握して今やることは何かがはっきりしないと、これでいいの?と心配になる。

まわりの人達の様子を見て「やるのがフツー」なところまでは動ける。

ところが、フツーから先の領域は苦手。

え、嘘。そこまでやらなきゃいけないの!?

不信感を抱いたら無理やりは動けない。

情報収集に走って、走って、頭の中がいっぱいに。

結局どうすればいいの???

後者さんは大体、

納得できなきゃ動かない。

無理やり動いても未来への希望が、自分の存在価値が、周囲への愛情がゴリゴリ減っていく。

なぜこれをやるのか。

ってのは、後者にとってはとっても大事。

ところが、状況把握が苦手・自分の能力見積もりも苦手。

やる気だけで、観察力や計画力がついてこない。

まわりの人達の様子を見ても「私と違うから参考にならない!」

全否定!w

部屋の片付けにおいて、

前者さんのハードルは「やりきる」ところに。

後者さんのハードルは「始める」ところにある。

一見すると、ハードルが最初にくる後者さんのほうが難しそうですが、

意外と前者さんの「やりきる」というハードルのほうが高そうです。

なぜなら、

乗り越えなくても誰からも何も言われないから。

他人に相談しても「片付いてるよ~。うちなんてもっとひどいよ!」なんて逆にブレーキかけられちゃったり。

後者さんは、納得できたらすぐに始めるし、ゴールまでちょっぱやで駆け抜けるw

家族のモノの片付けを無視できるってのも強みですね。

もちろん同じ後者でも個人差があるけれど、前者さんと比較すると圧倒的に自分のモノに集中できるので作業がスピーディ。

前者さんはここが苦手だよねぇ。

すぐに家族のモノを片付けてあげようとする。

家族の意見は聞かずにw

私自身が後者で、前者母の片付けシステムが意味不明(というか意味などない)で苦労したので、すんげーイライラします。

家族みんな前者だったり、前者に丸投げしちゃえる後者ならいいんでしょうが。

ただまぁ、前者さんって自己主張したり、家族と意見を出し合って決めるとか、交渉するとかがほんっと苦手だからねぇ。

察する能力が高いと、相手の気持ちを確認するって習慣が身につかないんだね。

「誰がやってくれって言ったんだよ!」とか

「そこまでしなくていい」とか「恩着せがましいんだよ!」とか。

言われません? 前者さん。

近くで見てるといじらしくて泣けてくるよ~( ;∀;)

あ。

この記事書いててふと思った。

前者さんって、もしかして家の中にあるモノは全部把握していたいの?

家族のモノも全部?

どうなんかなー。

どうなの???

〆のご挨拶

オオノミエコでした。


■お知らせ■

・01/17(水) 10:30~12:30 お茶会@大宮

ランキング参加中♪

にほんブログ村 その他生活ブログ ライフオーガナイザーへ にほんブログ村 メンタルヘルスブログへ

↑ クリックよろ!↑

フォローする

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)