理想とゴールは違う

こんちゃ!

まだまだ新サービスのモニターさん絶賛受付中!なライフオーガナイザー®オオノミエコです。

今日は2017オーガナイズウィーク チャリティイベント in 埼玉に行ってきました。

いやもう、楽しかった!勉強になった!迷いが消えた!

興奮冷めやらぬといった感じですが、イベントの話はまた後日……。

ここ最近は、おかげさまで、慌しくも楽しい毎日を過ごしております。

自分のできなさっぷりに嘆いていた日々とは大違いです。

ついつい「理想」に向かって努力してしまうんですよねー。

だって、素敵なんですもん。

「理想」に近付きたいんですもん。

でも、そうじゃなかった。

できない自分でどうやるか、だった。

うっかりうっかり。

はい、ここでクイズです。

あなたは陸上のコーチです。

ある日

「100メートル走、10秒切るのが目標です!」

って、教え子の女子中学生が言ったら……あなたはなんて答えますか?

「うん。いいね!でも、まずは今のタイムを縮めようか」とか

「そうだね!そのためにも今は○○だね」って

もっともっと手前の、すこしがんばればできるかも~というレベルの目標を設定してあげますよね。

なぜか。

現実と理想のギャップが離れすぎているから。

「100メートル走、10秒切るのが目標です!」は、10秒ちょっとで走れる人が掲げる目標です。

女子中学生の日本記録は11秒61(2017年現在)

11秒台を出すと、すげええええ!!!!って言われる現実に、10秒切りたいって言う女子中学生がいたら……

「ちょっと待って。待って待って。

野望を抱くのはいいけれど、もうちょっと目先のゴールを設定しようか」

って言いますよね。

そうなんです。

理想、夢、憧れ、こうなりたい!!

イコール

今すぐ目指すべきゴール

ではない!んです。

別の例でいきますよ~。

いつものようにダイエットで説明します。

身長が158cm、体重が68kgの人がいます。

彼女は言います。

「モデルさんみたいになりたいの!どうしてもなりたいの!本気なの!」

「158cmだから、BMI18で計算すると45kgくらい」

「23kgダイエット!!」

「やるよ!私はやるよ!」

今年の夏は無理だけど、来年の夏までには23kg落とすよ!

決めたからには落とせるっ!!

目指せ45kg!!!!」

「む、無理デス……」

そ、そうね。

「この感じじゃ、美容体重っていわれてるBMI20の50kgも、無理……」

「まずは適正体重といわれているBMI22の55kg……1月に1kgペースで落としていけば来年の夏までには……」

「白い食べ物、うますぎる……ゴフッ」

キラキラと目もくらむような「理想」を思い描けば描くほど

「現実」は色あせて、ぼんやりにじんでいく。

「理想」はいつまでも「理想」のまま。

○○だったらな~。■■だったら……。

「理想」を遠くに押しのけて「現実」だけを見ていると、

日常は小さく小さくまとまって、なぜだか不安がつのっていく。

「現実」がいつまでも「現実」のまま。

どうせ私は……。これが一番。

物事がうまくいっている時は、バランスが取れて循環している。

物事がうまくいかない時は、バランスが崩れ停滞している。

じゃあ、思い通りにいかない時は

どうする????

やめる⇔やる

古いものを捨てる⇔新しいものを入れる

自分の気持ちで決める⇔他人の意見に従う

ブラッシュアップする?

思い切って、今までと逆をやる?

蓋して抑えこんで、なかったことにしてた感情を解放する?

今あるものだけで満足してみる?

理想はいくらでもあるけれど、

「今の自分で 今すぐに 100%できること」

やってる?

「今の自分で 今すぐに 100%できること」

これが、

何かを始める時の

ひとつ目のゴール。

今の自分でできること、

たくさん見つけよー!

見つけられない時は……

こちらをどうぞ!

今なら占いのオマケ付きでっす♪

〆のご挨拶


オオノミエコでした。

 

ランキング参加中

クリックありがと…(*´ェ`*)~♥

にほんブログ村 その他生活ブログ 片付け・収納(プロ・アドバイザー)へ  にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 大人のADHDへ

シェアする

フォローする

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)