「1枚買ったら1枚捨てる」ができない理由

ども!元・捨てられない女、現在ライフオーガナイザー®のオオノミエコです。

今日は重い腰を上げて美容院に行ってきました。いままで通っていたお店が急に雑になってきて、こっそりお気に入りだった美容師さんもやめちゃってたんで新規開拓!です。

清潔感があってのんびりとした雰囲気で近所で、使っているタオルからほんのりいい香りがしてきたり、とわりかし良かったんだけど、担当してくれた美容師さんの警戒心を察知してしまってちとしんどかった。

新規で紹介でもなく、いきなりネットで予約って変なんかね?
雑誌をすすめられて、横にあった健康本を手にとったのは自分でも変だろうなとは思ったけど(笑) でも、まぁ、いつものことだ。

というわけで、積極的に「子供いません」「片付けの仕事してます」「デスクワーク多いです」などなど情報提供していったわけだ。

んで美容師さんとのトークで出てきたのがこれ。

「1枚買ったら1枚捨てる」ができなくて

うん。わかる!できない!(笑)

「1枚買ったら1枚捨てる」って定数管理してないとできないんですよね。

定数管理してないとできない

定数管理って所有する数を決めてしまうってことです。
Tシャツ5枚・白シャツ2枚・カットソー3枚などなど。

〇〇は_枚、□□は_個、とアイテムごとにいくつ所有するか決める。

決まってるから、新しい服を買ったら古い服と入れ替えて捨てられる。

所有する数を決めていないのなら、どれと入れ替えればいいのかわからず捨てられないってわけです。

「1枚買ったら1枚捨てる」と聞くと、わかりやすいので真似しようとするけれど、このルールでうまくまわるためにやってることも同じように真似しないとうまくいかないんですよね。

ってなことを美容師さんにはまったくお伝えできませんでした!

(´;ω;`)つ、次こそは!

〆のご挨拶

オオノミエコでした。

 

ランキング参加中♪
にほんブログ村 その他生活ブログ ライフオーガナイザーへ にほんブログ村 メンタルヘルスブログへ

フォローする

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)