気持ちがコロコロ変わるから、捨てられない

ども!ライフオーガナイザー®オオノミエコです。

クリアリング作業をしていると、捨てようかどうしようかお客様は悩まれます。悩まない方いらっしゃいません。100%です。みなさん悩んで手が止まるモノが出てきます。

そんな時の声かけは、

「捨てたくない気持ちが少しでもあるなら捨てないでくださいねー」

「今日はオオノが来てるからといって、思い切って捨てよう!とがんばらないでくださいね。むしろ、控えめくらいでいいので。捨てることを迷わない、ためらわないモノだけすてましょう。少しでも迷ったら残しで!」

です。

私のお客様は片付けが苦手な方ばかりです。生まれてこの方ずっと片付けられなかった。ほぼそういう方たちです。

がんばって無理をする。

苦手なことにチャレンジする時に一番やっちゃいけないことですね。

リラックスして、できることをひとつひとつ増やしていく。

苦手意識があるならなおのこと、嫌だと思うことをやらせない。

趣味でやること――例えば、ダンス・ヨガ・写真・ハンドクラフトなどなど――は、眉間にシワを寄せながら必死にやったりはしませんよね?

子供に料理を教える時も、最初はレタスをちぎる、なんて簡単なお手伝いから始めますよね。生地をこねる、とか。

簡単にできることから徐々に難しいことへ、ひとつひとつできることを増やしていきます。

これを「できて当たり前」というスタンスで教えたらどうなるでしょう。

「ハンバーグが食べたい!作りたい!」という子供に、玉ねぎの皮をむかせます。これは大丈夫そう。

次に、包丁をもたせ、みじん切りにします。

ちゃんと習ったこともなく、練習もせず、いきなり本番!!

やり方を見せられたって、頭ではわかっていたって、できるわけがない。

どうなる!?子供の手はどうなっちゃう!?……スプラッタバケラッタ

料理だとみなさん気付くんですけどね。

なぜか片付けは、やり方を知りさえ知ればできると勘違いされるんですよね。

やり方を知ることももちろん大事ですが、それ以上にできることから始めていく。

できることを増やす。この意識が大事です。

そして、自分の気持ちをまるっと肯定する。

ものすごおーく大事です。

気持ちがコロコロ変わるから、捨てられない。

気持ちがコロコロ変わるのって、悪いことじゃないんですよね。

まだ定まってないだけ。

人間ってブレるのを嫌う生き物で、一貫性を保ちたい欲求があるんですが、一貫性をかたくなに保つことのデメリットもありますから。

でも「私」って1人じゃないんだよね。いろんな「私」がいる。

昨日は残しておこうって決めたのに、今日は捨てたい。

気持ちがコロコロ変わって、一体どうすればいんだ。どうしたいんだ。わからない……。

って時は、モノから吸収し終えてないんですよね。

何を?と聞かれると困っちゃうんですけどw

道具類やお気に入りのモノはハッキリと役目がありますが、それ以外の「捨てようかどうしようか」迷うモノたちにも、何かしらあるんです。

モノがくれるパワーだったり、感情だったり、シンプルにやりたいことを助けてくれたり。

自分の内にある何かと結びついている。

それが言葉にできると思考がクリアになって、次の段階に進める。

捨てようか迷っていた意味がわかる。

そう。言葉にできると簡単に捨てられます。

ふわっと手放せるようになります。

変化します。

片付けられるようになったら、自分を好きになれて、自分に自信が持てるようになるわけじゃありません。

片付けて、美しく飾って、褒められる部屋にしてても、自己肯定感がない人いますもん。

美人でおしゃれでお金持ちでも幸せを感じられない人がいるように。

5歳の子が包丁を使えなくてもなんとも思いませんよね。

あなたの年齢で、片付けられない。

あなたの立場で、片付けられない。

どう思いますか?

否定的な言葉ばかり浮かんできませんか?

浮かんできた言葉ぜーーーーんぶ

(゚∀゚)ノ ⌒ ゚ ポィッ

 5歳の子供になって、ピュアな気持ちで片付けましょう!

7月分は締め切りました。現在、8月分のご予約受付中です。

〆のご挨拶

オオノミエコでした。

 

ランキング参加中♪
にほんブログ村 その他生活ブログ ライフオーガナイザーへ にほんブログ村 メンタルヘルスブログへ

フォローする

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)