アハ体験を超える、アハハ体験

こんちゃ!ライフオーガナイザー®のオオノでっす。

先日リピーターさんとスカイプ中、洋服の選別基準を頭で考えるのではなく、体に聞いてみては?という提案をしました。

「えっ!?なにそれ!!」と食いついてくださったので恐る恐る説明。

  1. 左手で服を持つ
  2. 右手で服を引っ張る
  3. 左手がしっかりつかんだ服は「残す」離してしまった服は「手放す」

説明するそばからさっそく実践してくださったリピーターさん。

「なにこれー!アハハヾ(≧∀≦ )ッ!!おもしろーい!」

大受けです。

ほっとしました。

なぜなら、以前、自信満々にお客様に提案したところ「意味がわからない」という表情に……経験も自信も足りなかった当時の私。
このやり方は一般的ではないのか、と脳内ブラックホールに放り込み……すっかり忘れておりました。

ところが、先日、こちらの本を読んでいて

やっぱり、頭と心と体は連動しているよな~。
私が片付けられるようになったのも、体をリラックスさせながらやっていたっても大きいよな~。

誰からも監視されない。何をしても何をしなくてもダメ出しも褒められもない、物理的にも精神的にも他人の目がない状況で、感情に振り回されないよう深呼吸をしながらモノの分類や選別をしていた。

そんな事を思い出しましてね。

このつながりでブラックホールから出てきたんでしょうねw

捨てたくない服、捨てるなどありえない服は左手がしっかりつかむし、できれば捨てたい服は左手に力が入らずする~っと右手に持っていかれます。
もう着倒した服なんかは右手で引っ張る前に、左手がつかまないことも(笑)

そう。

ここでのポイントは、服によってつかむ力が変化する。
この変化を感じることにあります。

とはいえ。

左手の反応が「捨てちゃえー」だったとしてもすぐには捨てませんでした。

それは、ほんの少し条件を変えるだけで体の反応は変わるからです。

絶対手洗い!なシャツに手放し反応が出ても、
洗濯機OK!と条件を変えると残すに変わる。

そんな事があるので、頭と心と体の三者会談で決める。
というのが一番後悔せず、満足度の高い選別方法なのでした。

すっかり忘れてましたが(*>∀<)

「おもしろいからこれ他のお洋服もやってみます!」と明るくおっしゃったリピーターさん。次回のセッションがますます楽しみです♥

どうもうまく分けられない、しっくりこない。
分類しても選別しても自信が持てないというあなた。

アハ体験を超える、アハハ体験、してみませんか?

〆のご挨拶

オオノミエコでした。

 

ランキング参加中♪
にほんブログ村 その他生活ブログ ライフオーガナイザーへ にほんブログ村 メンタルヘルスブログへ

フォローする

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)