拒絶による傷を癒やし、人生をオーガナイズする

こちらを読みましてね、

例によって
元の文章は本を読むか、ぐぐってちょ。

「拒絶による傷」→<逃避する人>の仮面

ってところがグサグサときたんで量子場で癒やしてみた。

速攻効果が出て左半身が安定。一晩寝たらスコンと朝起きられた。

こりゃいいやってんでね、より定着させるために文章を書き換えてみました

元の文章は本を読むかぐぐってちょ。

拒絶による傷を癒やし、人生をオーガナイズする

新しい仮面:<向き合う人>の仮面

態度や振る舞い

  • <向き合う人>は、自分がどういう人になるのか自分で選んでいると知っている。
  • 自分が存在することによって、周囲に対して影響を与えていると感じている。家族や友人、社会に対して関心を持っている。
  • ほかの人たち、あるいは人類全体とつながり、理解されていると感じている。ほかの人達と一緒にいると、安心、心強さ、一体であると感じる。
  • 時間の使い方、空間の使い方、お金の使い方、エネルギーの使い方等の棚卸しワーク、相談する友人、信仰など、<向き合う>手段をいくつも持っている。
  • <肯定>という手段を使って、意識的に自分を守る。BeとDoを混同しない。他人との境界線を適切に設定し、義務を果たし貢献する。
  • 1人の時に、与えられているものに気付く。
  • 物質的なことにも興味を持つ。精神的なこと、あるいは知的なこととのバランスをとり調和を保つ。
  • 非常に豊かな発想力を持っている。そして、その能力を受容のシナリオを作るために使う。
  • 今ある幸福を味わう。
  • ほかの人たちと一緒に居るのも好む。相手と楽しみたいと思うし、相手へ関心を向けているからである。
  • 周りの人は、<向き合う人>を、人好きな人だと思い、寄っていく。そして、人が集まれば集まるほど、ますます<目立つ人>になっていく。
  • 声を荒げたり、攻撃的になったりする人がいても冷静に適切に対応する。
  • 誰かに見つめられたら、自分のことに意識を向けるのではなく、まず観察する。
  • 活力は人一倍持っており、仕事の能力が非常に高い。余暇や休息も楽しむ。
  • 自分なりの人生哲学を持ち、老いることも受け容れ、人生に立ち向かう勇気を持っている。
  • 自分の人生はいつでも最善の選択をしてきたと思っているし、これからも同様に最善の選択をしていくと信じている。
  • 拒絶されることへの恐れがあっても、向き合い対処する。
  • 次のような言葉をしばしば使う。「選択する」、「私は選ぶことができる」、「自分の人生は自分で創っている」、「自分が認めていないものは変えられない」、「居場所をつくる」、「価値に目を向ける」。

「自分が認めていないものは変えられない」はこの本から。

〆のご挨拶

オオノミエコでした。

 

ランキング参加中♪
にほんブログ村 その他生活ブログ ライフオーガナイザーへ にほんブログ村 メンタルヘルスブログへ

フォローする

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)