なんでわかってくれないの?と思った時にやるたった2つの事―木暮太一さんの「説明力養成 入門講座」を受けて

昨日、「伝え方の教科書」の著書・木暮太一さんの説明力養成入門講座に行ってきました。

私は小さい頃から周囲の人たちに対して

なんでわからないの!?
なんでわかってくれないの?

そんな疑問や怒りを抱くことが何度もありました。

今でもそう思う時があります。

ですが、子供の頃に比べると格段に減りました。

それは説明力を身につけていったからです。

愛する人に話が通じず、愛情がめりめり減っていっているあなた!(`・д・´)9m ビシッ!!
あなたの話が通じないのは、相手のせいではなくあなたが説明できていないからかもしれません。

相手に見切りをつける前に、説明力をきたえてみませんか?

ほんのちょっとのコツで説明力は格段にアップします。

話が通じると、わかってもらえたと感じます。
わかってもらえたと感じると・・・

愛が育ちますよね(*´∀`*)

コツを覚えて愛を育てましょ♪

:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+

説明とは、「誰か」 に 「何か」 を伝える作業 です。

なんでわかってくれないの!?と思う時ほど、「何か」 がぼやけています。

1.自分が何について伝えたいのかハッキリさせる
2.相手に何について説明するのかを最初に伝える

これだけで話が伝わりやすくなります。

あ。

今日あった出来事を話すのは説明ではありませんよ!

あれはコミュニケーション。

:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+

説明とは、「誰か」 に 「何か」 を伝える作業 です。

例えば、夫に冷蔵庫の調子が悪いことを伝える場合。

1.自分が何について伝えたいのかハッキリさせる

冷蔵庫の調子が悪い。

だから、何?

――夫も気付いているか確認したい
――買い替えたほうがいいか、このまま使い続けるか意見を聞きたい
――買い替えたい

ハッキリさせましょう。

――どうしようか決められない
――なにかした方がいいのかわからない

そんなあやふやな思いも、あやふやだってことをハッキリさせましょう。

2.相手に何について説明するのかを最初に伝える

○「ねえねえ、冷蔵庫のことなんだけどさ――」

こう切り出すと相手は(冷蔵庫の話か)と聞く準備ができます。

世の中の奥様たちがやりがちなこの切り出し方。

×「ねえ、あなた気付いてる?――」
×「家電芸人が一家に一人いたら、楽よね~。」
×「今月なにか大きな出費の予定あるかな?」
×「なんか私ばっかり家のこと考えてる気がするのよね」

これは、相手を怖がらせます。

(何を言いたいんだろう・・・怒ってるのかな・・・)

気をつけましょうね!

:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+

◆説明力アップのコツ◆

1.自分が何について伝えたいのかハッキリさせる
2.相手に何について説明するのかを最初に伝える

話が通じると、わかってもらえたと感じます。
わかってもらえたと感じると・・・

愛が育ちますよね(*´∀`*)

コツを覚えて愛を育ててみませんか?

:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+

旧ブログで公開した記事を再掲しました。

〆のご挨拶

オオノミエコでした。

 

ランキング参加中♪
にほんブログ村 その他生活ブログ ライフオーガナイザーへ にほんブログ村 メンタルヘルスブログへ

フォローする

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)