ケンカする2人の私―100日チャレンジ・朝と夜の日記編

頭でっかちになったら体が痛みだした―100日チャレンジ・朝と夜の日記編 と

痛みはどこから? ―100日チャレンジ・朝と夜の日記編 のつづき。

  1. 1日の計画を立てその通り実行すると、体が痛む。
  2. 1日を気分で過ごすと、夜中に何も成し遂げていない焦燥感が襲ってくる。

私の中に2人の私がいる。

うまくいかない時のお決まりのパターン。
2人の私の大喧嘩。

汚部屋時代の片付けでは、毎回こうだった。

ワタシa「これ、いらないよね。捨てちゃいなさい」

わたしb「うるさいっ! いらなくなんかないよ!必要だよ!」

ワタシa「なにに? 使いこなせてないじゃない。似たようなモノもたくさんあるじゃない。こんなごちゃごちゃな部屋、捨てなきゃ片付かないわよ」

わたしb「嫌だ!」

ワタシa「ε-(´・_・`)ハァ・・バカみたい。部屋を片付けたいのよね? 捨てずにどうやって片付けるつもり? ……大人になりなさいよ。割り切って捨てなさいよ。捨てたらスッキリ片付くって、それしかないって、あなただってわかってるんでしょ?」

わたしb「嫌だ」

以下延々とループ。

汚部屋脱出したお片付けの時は「ワタシa」がうまく「わたしb」をのせていた。

ワタシa「捨てたくないなら捨てなくていい。迷うなら捨てなくていい。全部残しでいい。ひとまず家中すべてのモノを見直そう」

わたしb「えー、めんどくさーい。やる気なーい。」

ワタシa「やる気は、実際に片付けを始めることでわいてきます。作業興奮ってやつです。だから、とりあえず片付け始めるってことだけやりましょう。始めた後に『やっぱり片付けやりたくない。今日は気分じゃない』って思ったら、即やめていいよ」

わたしb「うーん。じゃあ、1個だけ」

ワタシa「お、その調子! 1個だけでも今日の片付けノルマ達成だからね!」

わたしb「うん(^^)」

小さい子に教えるように、優しく少しずつ褒めて伸ばしていった。

「ワタシa」が「わたしb」に[効率重視のやり方]を強要していた頃は、片付け切れないことがほとんどだったし、すぐに汚部屋に逆戻りしていた。

「ワタシa」と「わたしb」が一緒に[成功重視のやり方]を試行錯誤し始めてからは、片付けがぐんぐん進み、それだけでなくやりたくなかった家事もスムーズにこなせるようになっていった。先延ばしも撲滅でき、私なんかが……という自己否定の気持ちが消えて、生きやすくなった。苦手だった他人とのコミュニケーションも楽しめるようになっていった。

だから。

  1. 1日の計画を立てその通り実行すると、体が痛む。
  2. 1日を気分で過ごすと、夜中に何も成し遂げていない焦燥感が襲ってくる。

これも、「ワタシa」と「わたしb」が手を取り合って、それぞれにバランス良く時間を割り振ればいいのだと思っていた。

実行した。

「ワタシa」が「わたしb」の様子を見ながら計画を立てる。そして、実行する。

どう考えても、このほうが有意義だろう。

あまり無理せず、1日1つでいいから、あらかじめ決めたことをやろう。

そこで私は、図書館への返却期限が迫っていた本を手に取った。

これが、まぁ!なんとビックリ。

シンクロど真ん中!!の本だった。

ウィキペディアにわかりやすくまとめられてるので、一部引用する。

インナーゲーム – Wikipedia

インナーゲーム(inner game)とは、勝負において、競技者の外側の世界で実際に行われるアウターゲーム(outer game)に対して、競技者の心中で行われるもうひとつの勝負のこと。テニスコーチのW.ティモシー・ガルウェイW. Timothy Gallwey)が、レッスンを通して考案し、1974年に著作 “The Inner Game of Tennis” の中で発表した考え方。

ガルウェイは、競技者の心中で行われるインナーゲームにおいて、二人の自分がいることを見出し、それぞれセルフ1セルフ2と命名してその性質を調べた

セルフ1

インナーゲームにおいて、すなわち心の中で、自分(セルフ2)に対して悪態をついているのがセルフ1である。セルフ1は、常にセルフ2の能力を信頼しておらず、命令を下す。そして結果に対して裁判をし、「判決」を下してセルフ2を非難をする。

セルフ2

インナーゲームにおいて、すなわち心の中で、セルフ1によって非難されている側がセルフ2である。セルフ2は無意識的あるいは潜在的な身体能力をすべて含んでおり、実際の運動機能を司っているとされる。

Σ(゚Д゚;)アラマッ

今まさにもがいている事がそのまんま本に書いてある!

セルフ1は「わたしa」。セルフ2は「わたしb」。そのものじゃないか!

しかもこれ、昔の本で、ベストセラー。

ってことは、心の中で2人の私が大喧嘩して、もういやーっ!!って人が世の中にはたくさんいるってこと!?

私が思っていた以上に、遥かに多くの人が。


(こんなフリー素材があるくらいに、メジャーな悩みだったのかー!)

鈍い私はそこでようやく、クライアントさん達にも内面の葛藤があるのだと思い至った。

わかっているのにできないのは、片付けの全体像をわかっていないからだと思っていた。

私がそうだったからだ。

うまくいかない時、視野は狭くなる。視点も固定化される。「正しいやり方」に固執する。

新しい観点から問題を眺め、思考をほぐし、必要なデータを集めると、自ずと解決への道筋が見えてくる。「効果的なやり方」にたどり着く。

そう思っていたし、今もそう思っている。

でも、これだけじゃなかったんだ。

わかっているという「ワタシa」のおごりや傲慢さは、「わたしb」を軽んじる。

「わたしb」の訴えているのに無視するという拗ねは、体の不調となって表れる。

朝と夜に手帳に向かうようになってから、ずっと体が痛んでいる。

ある日の朝。モーニングページにこう書いた。

もしかして、「わたしb」は計画を立てて毎日を過ごすことが嫌なの?

すーっと痛みが消えていくのを感じた。

さらに続けた。そして、

意識高いのが嫌なの? え? あれ? 違う?

「ワタシa」ごときにリードされたくない???

「ワタシa」ごとき!

そうか。

言葉巧みな「ワタシa」が大人で、言葉をもたない「わたしb」は子供だと思いこんでいたけれど、違ったのか。

役割が違うだけか。

「わたしb」は子供じゃない。

「今、ここ」なだけ。

「ワタシa」も大人じゃない。

「過去・未来、あの場所へ」なだけ。

これを書いた後すぐ、痛みが消えていき、朝すんなり起きられるようになった。

そういえば、クライアントさんとのセッション中、一番クライアントさんが(*゚ロ゚)ハッ!!とした表情を浮かべるのは、「わたしb」の領域の話なんだよね。

私は何かを勘違いしていたのかもしれない。

よし。

言葉をもたない「わたしb」をメインに日々を過ごし、それを「ワタシa」が言葉して残す。

そんな生活をためしてみよう。

100日チャレンジ・朝と夜の日記編、スタートです!!

にほんブログ村テーマ 100日チャレンジへ
100日チャレンジ

〆のご挨拶

オオノミエコでした。


ランキング参加してます

 

にほんブログ村 その他生活ブログ ライフオーガナイザーへ にほんブログ村 メンタルヘルスブログへ

フォローする

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)