前者後者で情報の保存方法が違う!

今回は後者から解説。

後者の情報保存はこんな感じ。

092103

ひとつひとつバラバラ。

それぞれにタグが付いてる。

前者はこんな感じ。

情報が入ってきたら自動でフォルダ分けしてる(らしい)

092101

092102

前者と後者で『高菜おにぎり』について話をしている時に、

後者がいきなり「オリラジの慎吾ってスキー上手いのかなぁ」と言い出して、前者をいらっとさせるのはこの保存の仕方が違うから。

後者の頭の中では、

『高菜おにぎり』に(漬物、俵、緑、葉っぱ…)というタグがついている。

092103

同じく(漬物、緑、葉っぱ)というタグがついている『野沢菜』が引き出され、

さらに(長野)タグで『長野』が出てきて、

(スキー場、寒い、山、蕎麦、信州、オリラジ慎吾…)

ふと思いつくわけですよ。

「オリラジの慎吾ってスキー上手いのかなぁ」って。

前者は後者の情報の引き出し方が意味不明、よくわからない。

何それ?なぜ『高菜おにぎり』でオリラジ慎吾が出てくる?
まったく話の展開が見えん……( ̄‐ ̄#)

となる。

後者はもう『高菜おにぎり』も「オリラジ慎吾のスキーの腕前」にも興味を失い、別の事を考えているから前者の苛立ちには気付かない。

じゃあ、後者と後者の会話はうまくいくのかというと……。

『高菜おにぎり』と『野沢菜』に違うタグがついている後者A
『高菜おにぎり』と『野沢菜』に同じタグがついている後者B

二人の会話はこうなる。

後者A:『高菜』と『野沢菜』を一緒にすんな!!

後者B:え?なんで?一緒じゃん。

後者A:全然別だよ!なにいってんの?

後者B:一緒だってばー。

タグ付けがちょっとズレると気持ち悪いから、やり合っちゃう。

だから、完全一致しやすい嫌いなものの共有は結構簡単なんだけど、ズレが生じやすい好きなものの共有が難しいのかなー。

ちなみに。

個人的な感想ですが、小学3年生くらいまでは、情報の保存方法は後者タイプだと思って接したほうがスムーズにいく気がします。

なぜそう思ったのかの理由、と、情報の保存方法と片付けの関係はまた明日!

参考リンク

〆のご挨拶

オオノミエコでした。

 

ランキング参加中♪
にほんブログ村 その他生活ブログ ライフオーガナイザーへ にほんブログ村 メンタルヘルスブログへ

フォローする

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)