片付け上手ってどゆこと!?前編

こんちゃ!
散らかった部屋も嫌いになれない
ライフオーガナイザー®オオノミエコです。

ここ何度か「占いの結果には片付け上手だって出てますよ~」と言っていたのですが、

はて?

「片付け上手」とひと言でくくっていいものだろうか?

疑問がわいたので、紐解いていきます。

「片付け上手」とは

私が言う「片付け上手」とは

  1. 決断できる
  2. 妥協できる
  3. モノをモノとして扱える

この3つ。

この3つが得意な人を「片付け上手」と言うのは、逆パターンの人が「片付け下手」だから。

  1. 優柔不断
  2. 理想をいつまでも追いかける
  3. モノに可能性や意味を持たせる

というか、私がこの「片付け下手」タイプ。

片付け始めても決められない、タラレバ言って動き出せない、いざとなっても捨てられない。

特に3番目は今でも変わりません。

今朝ようやく古いコーヒーメーカーを捨てました(^.^;

捨てようと決めて、公言して、2ヶ月弱ですか。

早い!(*´益`*)

うそうそ。
遅いよねぇ。

もう要らないよね→本当に要らないかな?→もう要らない!

になるまで2ヶ月。

ほぼ毎日使っているコーヒーメーカーでさえこれだけ時間がかかったのだから、週に1度しか使わないモノだったら半年とか余裕で保管している。

ってなぐらい、「捨てる」が苦手。

だから、要らないと決まったらすぐに捨てる、結果を出せる人を「片付け上手」と言っています。

前回の記事で出てきた白金さんタイプ。

さらにいうと、水(学習本能)の数値が高い方も「片付け上手」と言っています。それは、

3ヶ月使わなかった→要らないモノだ→手放す

ができる実利的なタイプだから。

結果を重視し、実益を選べる=「片付け上手」

だと思っていたのですが、

結果を重視し、実益を選べるタイプ。

なのに、片付いてない!ってパターンよくあるんですよね。

なぜか。

後編へつづく。

ランキング参加中♪

にほんブログ村 その他生活ブログ ライフオーガナイザーへ にほんブログ村 メンタルヘルスブログへ

 

〆のご挨拶

オオノミエコでした。


フォローする

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)