あたし達のコミュニケーションには「見える化」が必要なんじゃない?

最初にお知らせ。

7/20開催「すぐやる人ってどんな人?【先延ばし撲滅!】講座 vol.0」@さいたま

おかげさまで【残席3】となりました~ヽ(=´▽`=)ノ

増席しません。講座初開催ですからね。8名でMAX!

お早めにお申し込みくださいませ。

1101

さて。

昨日、ひさしぶりに友人のKちゃん・Mちゃんと3人で会い、爆裂マシンガントーク合戦してきましたー。

よく集まってた二十歳頃には3人とも気付いてなかったけど、
というか知らなかったからわかりようがなかったんだけど、
3人が3人とも発達グレーだったw

そりゃ、話しやすいわな。

会話の途中に「この話って聞いて欲しいだけ? 何か意見言って欲しい?」って確認も入るしw

でもって、結論。

あたし達のコミュニケーションには「見える化」が必要なんじゃない?

話を聞けない

発達に凸凹があると、目に見えないもんを捉えるっつーのが苦手なんですって。

あたしもそうで、特に「人の話」が苦手。

いわゆる女子トークは、内容も目的もよくわからないのでスーパー苦手です。

他人への興味が薄い

さらに、あたしは他人への興味が薄いです。

世の中の人を分けると、

好きな人2:興味深い人7:むかつく人1:その他大勢∞

好きな人がいればそれで愛・所属の欲求が満たされます。

要は、旦那と仲良くできてれば8割方満足。

なので、なかなかコミュニケーション能力が鍛えられないわけです。

コミュニケーションには”共感”が必要

昨日は、好き&興味深いに属する二人の話だったんで、

苦手なりに必死に話を聞いて、

コミュニケーションには”共感”が必要だよという教えを守って、

”共感”を示そうと「それって、○○○○ってことだよね?」と聞き返したのですが、

ことごとく玉砕!!

おっかしいなぁ、ヒキコモリすぎたかなぁ、とちょっとしょんぼり。

解散後も飛び交うLINEも、頭に入ってこず……。

違いすぎる3人なんだから”共感”なんてできなくね?つーか、必要なくね?

コミュニケーションには”共感”が必要っていう前提が違ってるんじゃない?

”共感”できないし……。
”共感”してもらえんし……。

がんばって聞くけど、理解できてない

Kちゃん・Mちゃんからしたら、

「おいおい。そんなこと思ってたんならその場で言えよ。ブログに書くんじゃないよ」

と思われそうですが、

会話中は「人の話を聞く」ってのに全能力を割り振ってるから、

「自分の思考や感情をアウトプットする」ってのができなくなる。

さらに言うと、そこまでしてがんばってがんばって「人の話を聞く」をやってるけど、理解できてない。

流れていく言葉の数々を見送りながら、話しているKちゃん・Mちゃんの表情を見てただけ。

(o´ェ`o)ゞエヘヘ

わかりたくても、わからない

何度聞いても、

誰に聞いても、

どんなに聞いても、

わかりたくてもわからない。

それは「聞く」からわからないのかもしれない。

 1102

「見る」とわかるかもしれない。

1103

少なくともあたしは「見る」とわかる。

「聞く」だけだとようわからん。

話しても伝わらない

小さい頃から、わかってくれないっていう気持ちが強かった。

もっと上手に話したい!伝わるように話そう!

ってがんばってきた。

大人になって、わかりたい人が増えるたびに、

もっと上手に聞きたい!言ってること聞こう!

ってがんばってきた。

でも。

「話す」「聞く」にこだわりすぎてたのかもしれない。

お助けグッズ

「聞く」のが苦手なんだけど、

ライフオーガナイザーは「聞く」ことがメインの仕事。

なので、お仕事の時はノートタイプのホワイトボード 【nu board (ヌーボード)】を必ず使っている。

話を「見える化」してる。

プライベートでも必要なのかもしれないなぁ~と思ってみたり、ラジバンダリ。

ランキング参加中♪

にほんブログ村 その他生活ブログ ライフオーガナイザーへ にほんブログ村 メンタルヘルスブログへ

 

〆のご挨拶

オオノミエコでした。


フォローする

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)