自分を責めてしまう理由

ADHDやADHDタイプは、自分を責めることが多いのではないでしょうか?

ああすればよかったのに……
こうすればよかったのに……

なんで、いつも同じ失敗しちゃうんだ。バカだなぁ。

ADHDやADHDタイプが自分を責めるのは、

できる・できないの差が激しいから。

言い訳ではなく「やればできる」んですよね。

だから、やれ!やれ!と自分を責めてしまう。

ところが、これが大きな勘違い。

「やればできる」の前には何かしらの条件がつくのです。

「______な時にやればできる」

空白の部分は人によって異なるでしょう。

ちなみに私は、こんな感じ。

  • テンション低めな時やリラックスしている時にやればできる
  • 他のことを考えている時にやればできる
  • こだわりを捨ててやればできる

逆をいうと、

  • テンション高い時や緊張している時はやってもできない
  • 1つのことだけを考えている時はやってもできない
  • こだわりまくっているとやってもできない

自分の意志や行動ではなく、心身の状態に左右されています。

それって、こういうこと↓

sooners-vs-fresno-st-1535665-640x480

失敗する時はプレイヤー。
一瞬一瞬の判断を、狭い視野でストレスの掛かる状況で行う。そんな自分。

反省する時は観客・評論家。
なんのプレッシャーもない状況。たくさんの判断材料を得ているから、ベストの答えがすぐわかる。そんな自分。

ここにあるズレに気付かない限り、

ああすればよかった、こうすればよかった

という反省は無意味です。

簡単にできるはずなのに……と自分を責めるのはやめましょう。

慣れないことをやる時ってのは、負荷がかかるもんです。

負荷がかかってることに気付けない時点で、簡単にできることじゃないんです。

慣れない汚片付け。

簡単にできると思ってませんか?

「やればできる」って軽んじてませんか?

大間違いですから!!

1つでも片付けたら、少しでも片付けたら、自分を褒めましょう!

レッツほめほめ♪

*先延ばししまくった、捨てるノートパソコンの初期化を昨日やったよ。えらいえらい。次は、回収の申し込みだ。がんばろう!

ランキング参加中♪

にほんブログ村 その他生活ブログ ライフオーガナイザーへ にほんブログ村 メンタルヘルスブログへ

 

〆のご挨拶

オオノミエコでした。


フォローする

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)