やらなきゃと思えば思うほどできなくなる方、必読です

中2の夏休みに出た美術の宿題をいまだに提出してない私もなるほど納得!という記事を見つけました。

やるべき事を後回しにする「先延ばし行動」の背景にある「感情」を理解する事で問題解決を狙う取り組み方法とは – GIGAZINE

従来は「完璧にしないといけない」という「恐れ」から物事に取りかかることができないと理解されていた先延ばし行動ですが、実際には「衝動性」に関連するものであるということがわかっています。カナダ・カルガリー大学の組織行動論学者のピアーズ・スティール教授によると、この行動は「恐れ」に起因する衝動に駆られることで、即座に行動を起こしてしまうというものものだそうです。

また、数々の研究データによると、衝動的な傾向が低い人々の場合は「恐れ」が行動を始める原動力になっているのに対し、衝動性の強い人は「恐れ」を感じることで思考が停止してしまう傾向にあることが判明しています。スティール教授によると、衝動性の強い人は「恐れ」に対処することが下手で、何か他のことを行うことで悪い感情を取り去ろうとする傾向にあるとのこと。

なんということでしょう!!

きちんとした人たちがよく言う「後で大変な目に合うわよ!」が、

衝動性の強い人には


逆効果
だったなんて!!!

衝動的な傾向が低い片付けのプロの皆さんへ

忘れないでください。

衝動性の強いクライアントさんに

「片付けないと、ネガティブなことが起きる」という言い方は

逆効果です。

クライアントさんの思考は停止し、何か他のことを行おうとします。

他のことができない場合は、空想の世界に旅立ってしまいます。

小さい頃、私は母によく

「早く○○しなさい!○○しないと××になるわよ」と怒られていました。

そう怒られるたびに頭の中が真っ白になって、母の言葉が聞こえなくなっていました。

そして、楽しいことを妄想して、母の小言をやり過ごしていました。

母は、衝動的な傾向が低いため「恐れ」が行動を始める原動力になっているのですね。

母は私を脅してたわけではなく、発破をかけていただけだったんですね。

あぁ、勘違い。

衝動性の強い片付けたい皆さんへ

もうこれ以上他の人たちの真似はしなくていいのです!!

あなたを動かすのは、「恐れ」ではありません。

「快感」や「欲望」です♪

caribe-cubano-1-1399784-639x424

「片付けると、ポジティブなことが起きる」

どんなポジティブなことが起きるか、見つけてみませんか?

手伝いが必要な時はお気軽にお申し付けくださ~い♪

この記事、半月ほど前にアップされていたら、夏休みの宿題をやらないお子さんにイライラするお母さんたちの助けになったのにね。゚(PД`q。)゚。

ランキング参加中♪

にほんブログ村 その他生活ブログ ライフオーガナイザーへ にほんブログ村 メンタルヘルスブログへ

 

〆のご挨拶

オオノミエコでした。


フォローする

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)