願望ストーカー

おはようございます。

一昨日、自宅に戻りようやく嫁仕事が終わりました!ヽ(゚∀゚)ノ うぇ────ぃ♪

テキパキモードに入っていたついでに昨日は、実家にお土産を届けに行ってきちゃった。

なんかねぇ、今までとは違う自分がいるのですよ。

今まではとにかくめんどくさいことから逃げたくて、嫌な事はきゅきゅっとコンパクトにやっつけちゃいたかったんですが、ここ最近は[めんどくさい上等! 嫌な事、出てこいや!]と勝ち気ですw

不思議なもんで、めんどくさくて嫌だと認識して早め早めにやるとさほどめんどくさくも嫌でもないんですよね。

今までは「旦那のやることでしょ。なんで私がやらなくちゃいけないの?」と思うようなことも、( ´_ゝ`)ハイハイやりまっせーと自分のタイミングで動いたらノーストレス。

「他人と過去は変えられない。変えられるのは自分と未来」っていってましたが、あれ違いますね。

他人も自分も、過去も未来も、変えようとしても変えられない。

塩を足したらしょっぱくなる。電気のスイッチを入れたら明かりがつく。そんな単純に変化が生まれるのは物質的なものだけ。

他人を変えようとしても変わらないのと同じように、自分も変わらない。

(´ェ`)ン-・・

変わらない、というと正確じゃないなぁ。

ダイレクトに変化は起きない。

とか、変えたいという願望に執着すると変わらないというよく聞くアレです。

願望ストーカーを卒業せよ。

ってことです。

ひと相手のストーカーを想像してください。

きもいでしょ。

こっちの言う事を無視して、ストーカー自身の幻想を押し付けてくるでしょ。

「君は僕といるほうが幸せなんだ」的な思い込み。

そういう自分の幻想に執着し、現実を無視するストーカー。

現状を「変えたい」がいきすぎて、現状は「間違ってる!」ってとこまでいく。

これってストーカーだよなぁと、ふと思ったわけ。

起きてることはすべて正しい。

現実は間違えない。

間違っているのは、私達の解釈。

だから、思い描く願望がどれほど素晴らしくても、ストーカーレベルで執着しては叶うことはない。

自分自身の理想の姿をいくら思い描いても、

もっとできるはずだろー!と

がんばればがんばるほど、執着心が強くなり、願望ストーカーになっていく。

おうおうおう、きもいじゃないか。

バカの一つ覚えみたいにつきまとうんじゃなくて、別のアプローチしろやー。

起きている現実が正しいのだから、自分も変えようとせずに、このままの自分で、今のまんまの自分で、何を選ぶか。どう動くか。

この時↓以降、自分でもちょっと変わってきたのを感じる。

ひとを変えるより、ひと以外を変えるほうが効果的。

片付けと同じなのだ。

〆のご挨拶

オオノミエコでした。

 

ランキング参加中♪
にほんブログ村 その他生活ブログ ライフオーガナイザーへ にほんブログ村 メンタルヘルスブログへ

フォローする

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)