やると決めたことをやるコツ

今日のテーマは「やると決めたことをやるコツ」です。

やると決めたことをやるって、ようは有言実行なんだけど。

この有言実行。

多くの人が後半の実行部分ばっかりに意識がいって、有言の方をおそろかにしてます。

逆ですよ~。逆です。

やると決めたことをやるには、やる内容を決めるところに力をそそいでください。

仕事柄「片付けたい」って言うだけで全然やらない人とか、逆に「片付けたいです!」って片付ける人、両方のタイプと接する機会が多いし、そもそも私自身もずっと汚部屋住人だったのに、36才の時に汚部屋脱出して、片付けのプロになったんで、やるって決めたけど三日坊主になる人の気持ちもわかるし、やるって決めて淡々とやる人の気持ち、両方わかる。違いもわかる。

明らかに違う。

やるって決めたけど……な人は、チャレンジ前はなんでもがんばればできる気になってる。
これができたらすごくない?っていう「できた」ドリームにひたっちゃう。
やる内容を決めてる時はテンション上がる。

ここ注意です。

テンション上がれば上がるほど三日坊主になりやすい。

よーし、がんばるぞー! やったるでー!

って、気合が入る内容ほど続かない。

なんでかっていうと、

やるって決めたことができない時のことを考えてないから。失敗を想定してない。

  • 始めてみたけど、予想以上にしんどい

どうする?

  • 平日は問題なくやれるけど、休日になるとやるのが難しい

そういう時どうする?

  • 飽きてきた

あるあるw

うまくいくことばっかり考えるんじゃなくて、自分がやらかしそうな失敗パターンを過去の経験から引っ張っくる。

うまくいかなかった場合どうするかってのを最初に決めておく

これすごい大事です。

もっというと、やる内容について細かくリアルに

  • いつやるの? 朝? 昼? 夜?
  • どこでやるの?
  • 誰とやるの?
  • 何月何日から始めるの?
  • 何月何日までやるの?
  • どうなったら終わり?

とかも、最初に決めておく。

これやるとテンション下がってきます。

でもね、それでいいんです。

細かく具体的にやることを考えていって「やりたくないなー」って思ったら、もうその時点でやらない。実行しない。ゼロ日坊主でいいんですよ。

やりたくない事を強要するのはハラスメントです。

「これできそうないなー」という時はもっと簡単な内容に修正すればいいだけ。ここも無理しない。

できもしないことをやると言うのはただの嘘つきです。

自分に対して嘘をついたり、ハラスメントをやめると有言実行できるようになります。

まとめ

やると決めたことをやるコツは、

  1. やる内容を決めるところに力をそそぐ
  2. 失敗を想定し、対応策を用意しておく
  3. 計画段階でやる気がなくなったらやらない

です。

2018年こそは有言実行してみませんか?

〆のご挨拶

オオノミエコでした。


■お知らせ■

・01/17(水) 10:30~12:30 お茶会@大宮

ランキング参加中♪

にほんブログ村 その他生活ブログ ライフオーガナイザーへ にほんブログ村 メンタルヘルスブログへ

↑ クリックよろ!↑

フォローする

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)