こまめにやる?まとめてやる?

100日チャレンジ ウォーキング編では、1日も休まずに毎日歩きました。

結構楽しかったんで苦じゃなかったんですよねぇ。

その後、ウォーキングが習慣になったかというと……

walk-1501185-638x425

なりません(笑)

習慣にしようと思ってないことって、習慣になりませんねー。

悪い習慣って、脳汁ドバドバ中毒キャッハー!でどんな時でも快感をくれる。

良い習慣は、ほわほわほわ~とこちらが穏やかでリラックスしてないと感知できないレベルの気持ちよさしかくれないもんね。

で。

今日は100日間ウォーキングした後、ぱったりとやめたらどうなったかのお話。

身体ごりごり

相変わらず体重に変化はないのですが、身体の質が変わりました。

ウォーキングしていた時にはなくなっていた、食いしばり・肩こり・頭痛・むくみが復活。

週に一度のヨガのレッスンで足指の間に手の指を差し込んで、足首を回すのですが、ゴリゴリいいます。

ウォーキングしてた時にはまったく鳴らなかったのに!

そして、腸の調子が不安定になりました。

思考ぐるぐる

これは私がヒキコモリ生活をしているせいでしょうね。

ウォーキングで外に出ないと、スーパーでしか新しい刺激を受けないような毎日を過ごしています。

そのスーパーも商品が置いてあるだけなんで、だんだん決まりきった刺激になっちゃう。

ウォーキングしてると自然の変化が刺激になります。

ボケーッと歩いてると、道端でひっくり返ったセミに驚かされるという危険(?)もありますんで、適度な緊張感もあります。

歩き始めてしばらく経つと、いつもと違う部分の脳が活性化するのがわかるんですね。

家でひとりでぐるぐると考えていたら、決して辿り着かない発想が浮かぶ。

しょせんは脳も身体の一部。

動かし方次第で変わるんだなと実感します。

気持ちどんより

外からの刺激が少なく、脳も同じような部位しか動かしていないと、気持ちが滅入ります。

だら~んは持続するのに、シャキ!はあっという間に消える。

なんでだ!

その結果

いろんなことが億劫になってきました。

家事はもちろん、読書やテレビ視聴など、あらゆる行為の動き出しがどんどん遅くなりました。

ある日、私はリビングのソファーに寝そべっていました。

いい加減、昼食の食器を片付け、洗おうと思いました。

起き上がるのが億劫で、ソファーからずずずと床の上に身体を落としました。

固い床の上で寝っ転がって、天井を眺めていると、ふと気が付きました。

これ。

24時間エアコンをつけっぱなしにしていると電気代が安い場合もあるよって話と似てるなぁって。

エアコンは運転を開始するときに、運転中より多くの電気を使います。節電を考えて運転スイッチの入り切りを繰り返すと、かえって多くの電気を消費してしまいます。

節電のポイント エアコンの上手な使い方 – 富士通ゼネラル JP

結論

まめにちょこちょこ動いていると、楽に動き出せる。

効率を考えて、動く・休むのメリハリを付けると、動き出しがしんどい。

まめな人がよく言う「こまめにやったほうが楽なのよ~」がやっとわかりました。

汚部屋暮らししている皆さん。

「まとめてやる」より「こまめにやる」ほうが楽は、本当ですよ!

やり続けることで、ほどほどもわかりますしね。

逆をいうと、やらないとほどほどはわからない。

片付けすぎて疲れた。そこからが勝負です!

ガンバァ━━(`・д・´)ノ━━!!

ランキング参加中♪

にほんブログ村 その他生活ブログ ライフオーガナイザーへ にほんブログ村 メンタルヘルスブログへ

 

〆のご挨拶

オオノミエコでした。


■お知らせ■

■03/15(木) 10:30~12:30 お茶会@大宮

フォローする

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)